/

この記事は会員限定です

「23年までゼロ金利」FRB見通しを維持

(更新) [有料会員限定]

【ニューヨーク=後藤達也】米連邦準備理事会(FRB)は16日に開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で、2023年末までゼロ金利を据え置くとの見通しを維持した。

FOMCの声明とともに23年までの経済見通しを改めた。17人の参加者のうち12人が23年まで利上げしないことを想定。前回見通しの9月時点より1人減ったものの、過半の参加者がゼロ金利の継続を念頭に置いている。

実質経済成長率については20年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り268文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン