/

この記事は会員限定です

GoogleがNYに初の常設店舗、構想4年で勝算は?

[有料会員限定]

米グーグルが17日、同社で初めての常設店舗を米ニューヨーク市に開く。新型コロナウイルスの流行により消費行動が大きく変わった今、なぜ店舗なのか。成功するのか。オンラインで開いた「バーチャル内覧会」の内容をもとに探った。

「私がテクノロジー業界に入った1990年代半ばはコンピューターといえばパソコンが会社と自宅にあるだけだったが、現在は生活のあらゆる場面に存在する」。ジェイソン・ローゼンタール副社長は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1974文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン