/

スペースX、民間人のみ乗船の宇宙船打ち上げ 3日後帰還

(更新)

【シリコンバレー=白石武志】米テスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏が率いる米スペースXは15日、4人の民間人を乗せた宇宙船「クルードラゴン」を米南部フロリダ州から打ち上げた。宇宙船は国際宇宙ステーション(ISS)の約400キロメートルよりも遠方の高度約580キロメートルの軌道を周回し、3日後にフロリダ沖の海面に着水して地球に帰還する予定だ。

スペースXは15日夜、自社開発したロケット「ファルコン9」を使い、フロリダ州のケネディ宇宙センターから4人を乗せたクルードラゴンを打ち上げた。約10分後に宇宙船をロケットから切り離し、軌道への投入に成功した。

宇宙船「クルードラゴン」に搭乗した4人の民間人乗組員(15日、米フロリダ州)=AFP時事

「インスピレーション4」と名付けた今回の宇宙飛行には、費用の大部分を負担した米起業家のジャレド・アイザックマン氏ら4人の民間人が乗り込んだ。米メディアによると、職業宇宙飛行士を含まない民間人のみによる宇宙滞在飛行は初めて。

スペースXが今回の宇宙飛行に使ったクルードラゴンは、2020年に米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士をISSに送り込む初の有人飛行に成功している。その後も有人飛行の実績を重ねていた。

米国では民間企業による宇宙開発が熱を帯びている。米アマゾン・ドット・コム創業者のジェフ・ベゾス氏が設立した米ブルーオリジンは7月、同氏らを乗せた宇宙船の弾道飛行に成功している。同船の到達した高度は約100キロメートルだった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン