/

この記事は会員限定です

米、対中投資に事前審査論 経済安保政策総仕上げ

[有料会員限定]

中国での工場建設やM&A(合併・買収)に異議あり――。企業による外国での投資・経済活動を監視する制度導入の議論が米国で熱を帯びている。これまで米政府は外国からの対内投資を審査してきたが、対外投資にも事前審査の仕組みを設けようとしている。米経済安全保障政策は総仕上げの段階に入ってきた。

バイデン政権と与野党が今夏の成立をめざし、上下院が5月に一本化の作業を始めた「中国対抗法案」。半導体に5

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1376文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン