/

Google、「Gメール」また不具合 多数の利用者に影響

(更新)

【シリコンバレー=奥平和行】米グーグルは15日、電子メールサービス「Gメール」で不具合が発生したことを明らかにした。同日午後1時半(米西海岸時間、日本時間16日午前6時半)ごろから約2時間20分にわたり、多数の利用者がサービスを利用しにくい状況が続いた。

グーグルはサービスの状態を説明するウェブサイトで「Gメールに問題が発生し、多くの利用者に影響を及ぼしている」と説明した。日本を含む各地の利用者が影響を受けたもようだ。サービスへのアクセスは可能なものの、エラーメッセージが表示されたり、送受信に時間がかかったりしたという。また、このほかの「予期しない動き」がみられる場合もあったとしている。

ウェブサイトによると午後3時51分に復旧した。「不便をかけて申し訳ない」と陳謝し、システムを改良すると説明した。

同社のサービスでは14日朝にも不具合が発生し、Gメールに加えて動画共有サイト「ユーチューブ」や地図サービス「グーグルマップ」などが広い地域で一時的に使えなくなった。同日の不具合は認証システムの故障が原因で、約45分で解消した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン