/

ブラジルとメキシコの大統領、バイデン氏を祝福

ブラジルのボルソナロ大統領(中央)=ロイター

【メキシコシティ=宮本英威】ブラジルのボルソナロ大統領とメキシコのロペスオブラドール大統領は15日、米国のバイデン次期大統領の当選をそれぞれ祝福した。中南米の両首脳は現職のトランプ米大統領に配慮し、11月の米大統領選でバイデン氏の当選が確実になってからも祝辞を控えていた。

ボルソナロ氏は、ブラジル外務省が15日公表した声明でバイデン氏の当選を祝し「米国が自由の土地で、勇気の故郷であると願う」と表明した。これまではトランプ氏に同調し、米大統領選で「多くの不正があった」と指摘していた。

ロペスオブラドール氏は15日、14日付でバイデン氏に祝辞を送付したと明らかにした。「メキシコと世界の移民への好意的な立ち位置」での協働を呼びかけた。

米国の次期大統領を正式に選出する選挙人による14日の投票で、バイデン氏が当選に必要な選挙人の過半数を獲得した。これを受け、ブラジルとメキシコの両大統領は祝辞を送った。世界の主要国では、バイデン氏の当選が確実となった11月7日以降に祝福を伝えていた。

バイデン氏は環境保護や気候変動対策を重視している。ブラジルはアマゾンの熱帯雨林の保護、メキシコは再生可能エネルギーの活用に消極的な姿勢を示しており、米国の次期政権と環境政策を巡って対立する可能性もある。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン