/

ワクチン予防効果「2カ月ごと6%低下」 ファイザーなど

臨床研究データ開示

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
FDAは17日、ファイザー製ワクチンの追加接種について承認を審議する第三者委員会を開く=ロイター

【ニューヨーク=野村優子】米製薬大手ファイザーと独ビオンテックは、共同開発した新型コロナウイルスワクチンの予防効果が、接種後に低減していく可能性があると明らかにした。臨床研究では予防効果が接種完了後2カ月ごとに約6%ずつ低下した。米食品医薬品局(FDA)は17日に第三者委員会を開き、ファイザー製の追加接種を巡り審議する予定だ。

ファイザーがカリフォルニア州の医療機関における臨床研究データをFDAに提出した。接種完了後1週間~2カ月は約96%だった有効性が、4カ月以上経過すると約84%まで低下した。一方、3回目の追加接種を実施したイスラエルでは有効性が最大95%まで回復したことも提出データに記載した。

米モデルナも15日、同社製ワクチンの予防効果が時間経過とともに薄れていくとの臨床研究データを開示した。ステファン・バンセル最高経営責任者(CEO)は「予防効果を維持するための、追加接種の必要性を裏付けている」と指摘した。

FDAは「追加接種に関連する研究は多くあるがFDAは基礎となるデータや結論について検証していない」と説明。各社のデータ検証が不十分との見方も示唆する。

FDAは第三者委員会での議論を踏まえて追加接種の承認を決める。バイデン政権は9月下旬から追加接種を開始する計画だが、FDAの承認と米疾病対策センター(CDC)の推奨が条件となっている。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン