/

バイデン次期政権、中国担当高官にベテラン

ワシントンのホワイトハウス=ロイター

【ワシントン=共同】バイデン次期米大統領の政権移行チームは15日までに、ホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)の中国担当上級部長に、オバマ前政権時代にNSC高官などを歴任したローラ・ローゼンバーガー氏を起用すると発表した。トランプ政権下で「新冷戦」と評されるまで悪化した米中関係のかじ取りを担う。

NSCに新設するアジアを含むインド太平洋地域の政策を統括する「インド太平洋調整官」に、オバマ前政権で国務次官補(東アジア・太平洋担当)を務めた知日派のカート・キャンベル氏を充てる人事も正式発表した。東アジア・オセアニア担当の上級部長にはエドガード・ケーガン氏を登用する。

ローゼンバーガー氏はオバマ前政権時代のNSCで中国・朝鮮担当部長を担った。バイデン氏が国務長官に指名するブリンケン元国務副長官の首席補佐官も務めた。

大統領上級顧問には、オバマ前政権下でホワイトハウスの広報部長を務めたアニタ・ダン氏を起用すると発表した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン次期政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン