/

プーチン氏と会談「穏やかで冷静」 フィンランド大統領

【ワシントン=共同】フィンランドのニーニスト大統領は15日、米CNNテレビのインタビューで、ロシアのプーチン大統領に米欧の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)加盟申請の意思を伝えた14日の電話会談は「穏やかで冷静だった」と述べた。

同時に、ロシアがフィンランドを攻撃すると必ずしも心配していないとの考えを示した。

NATOのメンバー国トルコが、フィンランドとスウェーデンの加盟に難色を示していることについては「それほど心配していない」とした。加盟にはトルコを含む全加盟国の合意が必要になる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

プーチン氏動向・解説

ウクライナ侵攻を決めたプーチン氏。米情報機関による分析、専門家・編集委員らによる解説記事をまとめています。最新情報も随時公開していきます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン