/

ホンジュラス前大統領、米の身柄引き渡し要請で逮捕

【メキシコシティ=清水孝輔】中米ホンジュラス警察は15日、エルナンデス前大統領を汚職の容疑で逮捕した。米国政府が同氏の身柄引き渡しを求めているのを受け、最高裁判所が逮捕状を出した。エルナンデス氏はコカインの密輸や収賄疑惑が長年指摘されている。米国政府は大統領を退いた直後からホンジュラスに圧力を強めてきた。

米政府は14日、ホンジュラスに対してエルナンデス氏の身柄を引き渡すように要請した。それを受けてホンジュラスの最高裁は15日、米国からの要請を検討する裁判官を任命した。裁判官は直後に逮捕状に署名し、エルナンデス氏が逮捕される様子が地元テレビで放映された。

ロイター通信によると、エルナンデス氏はコロンビアやベネズエラからコカインを受け取り、米国に輸出する犯罪行為に関与した疑いが持たれている。多額の賄賂を受け取って麻薬組織の身の安全を保証した容疑もあるという。エルナンデス氏はこれまで犯罪組織とのつながりを否定してきた。

米国はエルナンデス氏の汚職疑惑に対する追及を強めている。ブリンケン米国務長官は2月上旬、エルナンデス氏を米国へのビザや入国を制限する「非民主的で腐敗した」当局者のリストに加えたと表明した。「汚職や麻薬取引、政治キャンペーンのための違法行為に関与してきた」とエルナンデス氏を批判した。

エルナンデス氏は2014年から2期連続でホンジュラスの大統領を務めてきた。21年11月の大統領選では左派野党連合のシオマラ・カストロ氏が当選し、22年1月27日に就任した。エルナンデス氏が大統領を退いたことで、米国政府はホンジュラスに対して身柄の引き渡しなどの圧力をかけやすくなっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン