/

この記事は会員限定です

米欧「緑の財政支出」競う バイデン政権、EVに19兆円

欧州は水素に注力

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

米国と欧州が「緑の財政支出」を競い始めた。バイデン米政権はインフラ整備や気候変動対策に8年間で2兆ドル(約220兆円)を投じる「米国雇用計画」をまとめた。欧州連合(EU)も7年間に5400億ユーロ(約70兆円)を気候変動対策にあてる。2050年に温暖化ガス排出の実質ゼロを実現するため、米欧とも電気自動車(EV)や再生エネルギーの普及を加速する。

「米国のEV販売が占める比率は中国の3分の1しかない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2042文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン