/

この記事は会員限定です

温暖化リスク、暗号資産は「座礁資産」か(NY特急便)

米州総局 清水石珠実

(更新) [有料会員限定]

15日のダウ工業株30種平均は続伸。終値は前日比305ドル高の3万4035ドルと、初めて3万4000万ドル台で引けた。小売りや雇用で回復を示す経済指標が相次ぎ、米景気への楽観論が強まった。デルタ航空など決算発表の場で企業トップが景気回復への自信を示すコメントが相次いだことも買いを支えた。

幅広い株式に買いが広がる一方で、値を下げたのが前日に上場した暗号資産(仮想通貨)交換所大手のコインベース・グロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1092文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン