/

「デルタクロン型」、ブラジル初の感染者 米欧でも確認

think!多様な観点からニュースを考える

【メキシコシティ=清水孝輔】ブラジル保健省は15日、新型コロナウイルスの変異型「デルタ型」と「オミクロン型」の特徴を併せ持つ混合変異型「デルタクロン型」の同国初の感染者を確認したと明らかにした。デルタクロン型の感染者はすでに米欧でも確認されている。現状では小規模な感染にとどまっている。

ブラジルでは2人の感染が確認された。現地メディアによると、北部アマパ州で34歳の男性、北部パラー州で26歳の女性が感染した。同国のケイロガ保健相は15日の記者会見で「デルタクロン型は監視が必要だ」と述べた。ワクチンのブースター接種(追加接種)など従来と同様のコロナ対策が効果的だと指摘した。

デルタクロン型はすでにほかの地域でも感染者が出ている。世界保健機関(WHO)は9日の記者会見でフランスとオランダ、デンマークでも確認されたと明らかにした。米国でも感染者の存在を報告する論文が査読前の医学系論文を公開するメドアーカイブに掲載されている。いずれの地域でも感染者数は少数にとどまっている。

デルタクロン型は1月にキプロスの研究者が発見したと報告した。当初は技術ミスによる誤検知ではないかという指摘もあったが、その後WHOなども混合変異型の存在を認めた。新たな変異型について感染力の強さなどの詳細は明らかになっていない。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン