/

ウォルマート、フォードと提携 自動運転車で商品配達

【ニューヨーク=白岩ひおな】米小売り大手ウォルマートは15日、米フォード・モーターと、同社と独フォルクスワーゲン(VW)が共同出資する自動運転企業「アルゴAI」と提携すると発表した。年内にフロリダ州マイアミなど米国の3都市で自動運転車による配送サービスを始める。

アルゴAIの自動運転システムを搭載したフォードの自動運転車を使い、マイアミ、首都ワシントン、テキサス州オースティンで配送サービスを提供する。オンラインで消費者が注文した食料品などを自宅に届ける。新型コロナウイルス禍でインターネット通販の需要が続くなか、配送ルートを効率よくしたり配送にかかる人件費を減らしたりする。

ウォルマート米国部門のシニア・バイス・プレジデントを務めるトム・ウォード氏は「消費者の自宅に圧倒的に早く簡単に商品を届けることが可能になる」と述べた。同社は米スタートアップ企業Gatik(ガティック)とともにアーカンソー州で無人の自動運転トラックによる商品配達を進めており、ゼネラル・モーターズ(GM)傘下のクルーズとも協力している。

オンラインの食料品注文や即日配達は、アマゾンの有料会員サービス「プライム」に対抗するウォルマートのサブスクリプション(継続課金)型サービス「ウォルマート+(プラス)」の柱だ。ドイツ銀行の推計によると、会員数は2020年9月のサービス開始から一年間で3200万人に拡大した。

フォードの自動運転部門のスコット・グリフィス最高経営責任者(CEO)は「小売りや電子商取引(EC)を主導するウォルマートとの連携は、自動運転による商品の配送サービス拡大に向けた重要なステップだ」と語った。ウォルマートとフォードは18年にマイアミで自動運転による宅配サービスの実証実験をした。フォードはライドシェア大手の米リフトにも自動運転車を供給している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン