/

米インテル、イスラエルの半導体メーカー買収 6200億円

think!多様な観点からニュースを考える

【ニューヨーク=中山修志】半導体大手の米インテルは15日、イスラエルの半導体受託生産会社(ファウンドリー)、タワーセミコンダクターを54億ドル(約6200億円)で買収すると発表した。アジア市場向けの半導体製造に強みをもつ同社を買収し、生産能力を増強して半導体需要の高まりに対応する。

インテルによる買収について、両社の取締役会が合意した。インテルはタワー社の株式を1株53ドルで取得する。評価額は米株式市場での14日終値を60%上回る。

タワー社はスイッチやセンサー用のアナログ半導体を主力とし、年間200万枚以上のウエハー製造能力をもつ。2014年にはパナソニックの国内半導体工場を買収した。インテルは1年後をめどにタワー社の買収手続きを完了し、21年に設立したインテル・ファウンドリー・サービス(IFS)に統合する。

インテルは1月に米オハイオ州に200億ドルを投じて半導体工場を建設する計画を発表するなど、生産能力の増強を急いでいる。同社のパット・ゲルシンガー最高経営責任者(CEO)は「タワー社の買収によって専門性と顧客基盤、地理的なカバー範囲を広げる」とコメントした。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン