/

この記事は会員限定です

「40年の実験は失敗した」 論客3人、米巨大企業と対峙

米企業・反トラスト法攻防㊥

(更新) [有料会員限定]

米政権の競争政策を担うのは、弁護士や学者として巨大企業の野放図な拡大に警鐘を鳴らしてきた若き論客たちだ。100年前、最高裁判事として巨大企業と対峙したルイス・ブランダイスの系譜を引く彼らが、長らく独占を容認してきた「シカゴ学派」のレールを敷き直す。

新ブランダイス派vsシカゴ学派

「シカゴ学派の40年の実験は失敗した」。9月30日、ニューヨークのフォーダム大で講演したティム・ウー氏は切って捨てた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1128文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン