/

この記事は会員限定です

米国、天然ガスも「悪者」の兆し 火力発電に逆風

エネルギーエディター 花房良祐

[有料会員限定]

米国の自治体の間で「脱・天然ガス」とも映る政策が目立ち始めた。天然ガスは再生可能エネルギーと補完性があるうえ、燃焼しても温暖化ガスの排出量が少ないため、脱炭素化に向けた「つなぎ役」の燃料とされている。米国で吹くガスへの逆風は、日本にも大きな影響を及ぼす。

10月末、ニューヨーク州のエネルギー関係者の間に衝撃が走った。同州の環境規制当局がニューヨーク市などに電力を供給する2カ所のガス火力発電所の建...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1026文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン