/

この記事は会員限定です

「独占の立証」難しく 公正な競争、問われる実効性

米企業・反トラスト法攻防㊦

[有料会員限定]

大企業への圧力を強める米国だが、バイデン政権が掲げる「公正な競争」の実現へ向けたハードルは高い。

「番人」の人的資源、IT1社に及ばず

「データサイエンティスト求む」。規制当局である米連邦取引委員会(FTC)の求人ページには、さながらIT(情報技術)企業のような職種が並ぶ。デジタル市場で力を増す巨大テックとの本格対決に備えるが、人材の厚みは理想から遠い。

米国の競争政策の振り子が積極介入から独占容...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1187文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン