/

この記事は会員限定です

米政府へサイバー攻撃、ソフト更新が標的 ロシア関与か

[有料会員限定]

【ニューヨーク=大島有美子】米国で3月から12月にかけ国防総省など複数の政府機関・企業が外部の何者かからサイバー攻撃を受けた可能性が出てきた。米メディアはロシア政府が関与していると指摘する。特定のネットワーク管理ソフトウエアにウイルスをしのばせユーザーを一斉に狙う高度な攻撃で被害が拡大する恐れがある。

ウイルスの「媒介」役となったのは世界シェアで1位をほこる米ソーラーウインズ(米テキサス州)のネッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り823文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン