/

この記事は会員限定です

バイデン氏、民主主義修復に試練 次期米大統領確定

(更新) [有料会員限定]

米国の第46代大統領に民主党のジョー・バイデン前副大統領(78)の選出が事実上確定した。14日の選挙人投票でバイデン氏が過半数(270)を上回る306人を獲得した。2021年1月20日に就任するバイデン次期大統領は、米国の分断の修復と、ドナルド・トランプ大統領(74)が傷めた民主主義への信頼回復という重荷を背負う。

バイデン氏は過去最高となる8128万票、選挙人306人を得て勝利宣言した。トランプ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1084文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン