/

米SEC、マスク氏を調査 Twitter買収撤回めぐり

think!多様な観点からニュースを考える

【ニューヨーク=斉藤雄太】米証券取引委員会(SEC)が米テスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏による米ツイッターの買収撤回に至るまでの対応を疑問視し、調査を進めていることが14日分かった。マスク氏が5月に買収交渉の一時保留をツイートした際、買収計画の変更について開示資料を修正しなかったことなどが問題になっている。

SECはマスク氏に対し6月2日付で公開書簡を送り、同氏が5月にツイッター上の偽アカウントの実態把握の必要性を訴え「取引を前に進められない」と表明した点を追及した。この発言が買収の中断や撤回を示唆しているとの認識を示したうえで、当局への開示資料は修正されなかったとして、修正が必要ないと結論づけた根拠を書類で提出するよう求めた。

マスク氏側は6月7日付でこの書簡に返答し、問題視されたツイートをした時点で買収計画に重要な変更は生じていなかったと釈明した。

偽アカウントに関する情報提供が不十分だったとして、マスク氏は7月8日に「買収の取りやめを同社に通知した」と明らかにした。その後、ツイッターが買収実行を求めてマスク氏を提訴するなど両者の関係はこじれている。総額440億ドル(約6.1兆円)の「劇場型買収」を巡っては、マスク氏の言動でテスラやツイッターの株価が大きく動いた経緯もあり、SECも関心を強めている。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

イーロン・マスク

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)に関する最新ニュースをまとめました。Twitter買収を巡る問題、宇宙ビジネスのスペースXの最新動向など関心の高い話題をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン