/

この記事は会員限定です

米企業の気候リスク開示、基準作りに遅れ 政治対立が影

(更新) [有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】米国で上場企業に気候変動リスクを開示させるルール作りが遅れている。バイデン米政権は年内の公表を目指すが、年明けにずれ込む可能性が出てきた。米産業界との調整に手間取るほか、野党・共和党が反対する。米国の政治対立がESG(環境・社会・企業統治)投資に影を落としている。

開示ルールの整備はバイデン氏の大統領選公約に含まれていた。①気候変動リスクが経営に与える影響②自社事業とサプ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1373文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、データ解説や連載企画を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン