/

米議会占拠で調査委、下院が法案

1月の連邦議会占拠事件はトランプ前大統領の支持者らの関与が明らかになっている=AP

【ワシントン=永沢毅】米下院国土安全保障委員会の与野党幹部は14日、1月に起きた連邦議会占拠事件の調査委員会を設置する法案で合意した。民主、共和両党から5人ずつ計10人の議員で構成し、年内に再発防止策をまとめる。来週にも下院本会議で採決する運びだ。上院でも可決されれば設置が正式に決まる。

共和党は調査対象に占拠事件だけでなく黒人暴行死を受けて全米で発生した暴動も含めるよう求めていた。米メディアによると、国土安保委所属の共和党議員がその要求を取り下げて法案の合意に至ったという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン