/

この記事は会員限定です

米飲食店、深まる苦境 NYで店内飲食再び禁止

全米11万店閉鎖 12月末で雇用維持策も失効

[有料会員限定]

【ワシントン=河浪武史、ニューヨーク=白岩ひおな】米国で新型コロナウイルスの感染が再び拡大し、50万店以上あるとされる全米の飲食業の苦境が深まっている。ニューヨーク市では14日、域内約2万7千店の店内営業を再び禁止。全米ではコロナ下で全体の17%にあたる11万店が閉鎖に追い込まれた。12月末には連邦政府の雇用維持策も失効し、長期失業者がさらに増える懸念もある。

経営者「やっていけない」

店内営業が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1398文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン