/

国連総長「即時に戦闘停止を」 ガザ緊迫で

国連のグテレス事務総長=国連提供

【ニューヨーク=吉田圭織】国連のグテレス事務総長は14日、中東のパレスチナ自治区ガザやイスラエルで続いている戦闘について「即時に停止するよう全ての当事者に求める」とする声明を出した。グテレス氏の報道官が発表した。

グテレス氏は「パレスチナとイスラエルだけでなく、地域全体で収拾できない安全保障や人道面での危機、そして過激主義をさらに助長する可能性がある」と警鐘を鳴らした。同時に「悲劇的にも多くの子供を含む大勢の民間人が死亡している」と強調した。国連児童基金(ユニセフ)によると、ガザでの死者数は10日以来、122人に上り、そのうち31人が子供だった。

当事者に対してグテレス氏は「戦闘停止に向けた仲介努力の強化を認める必要がある」と訴え、ガザの人々へ必要な人道支援物資を届けるのにも重要な手段だと指摘した。国連人道問題調整事務所(OCHA)は戦闘で1万人ものパレスチナ人が学校やモスク(礼拝所)などへ避難せざるを得なくなったと推定しており、燃料、食料や医薬品などの人道支援物資が必要だと訴えている。

イスラエルとパレスチナを巡って安全保障理事会は16日、今回の衝突が起きてから3回目となる緊急会合を開く。理事国らは前回の会合に続き、安保理全体としての声明の採択を探る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン