/

モデルナ製の追加接種、65歳以上などに推奨 米第三者委

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ニューヨーク=野村優子】米食品医薬品局(FDA)は14日、モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)について審議する第三者委員会を開き、65歳以上や重症化リスクの高い人などへの追加接種を推奨した。FDAはこれを踏まえて、承認を最終判断する。承認されれば、9月末に追加接種が始まったファイザー製に加え、追加接種が可能なワクチンは2種類となる。

追加接種が推奨されたのは、先行して認められているファイザー製と同じく、65歳以上と重症化リスクの高い人、医療従事者や教師など感染リスクの高い職に就く人だ。モデルナ製の追加接種は、1~2回目の接種量の半分にあたる50マイクログラム(マイクロは100万分の1)を、2回目の接種から少なくとも6カ月後に接種する。

モデルナによると2回目の接種後に比べて、3回目の追加接種後に抗体レベルは約1.8倍に膨らんだ。副作用は2回目の接種後と似ているとした。

外部有識者が参加する第三者委は、対象者へのモデルナ製の追加接種について、承認を推奨するかどうか投票を行った。賛成19人、反対0人となり、全会一致で推奨が決まった。FDAはこれを踏まえ、数日内にも緊急使用の承認を最終判断する。

米国では9月末から、ファイザー製の追加接種が始まっている。米疾病対策センター(CDC)によると、65歳以上の12%が追加接種を受けた。モデルナ製ワクチンは米国でこれまで6900万人以上と、ファイザー製に次いで2番目に接種されている。

FDAは15日にも、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の追加接種について審議する第三者委を開催する予定だ。

新型コロナ特集ページへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン