/

この記事は会員限定です

米司法省、Googleの譲歩案を拒絶 独禁法違反で提訴へ

(更新) [有料会員限定]

【シリコンバレー=白石武志】米グーグルが反トラスト法(独占禁止法)上の懸念を拭うために示していたネット広告関連事業の分離案に対し、米司法省がこれを拒む方向で検討していることが14日わかった。同省は譲歩案は競争環境の抜本的な改善につながらないとみて、同法違反の疑いで近くグーグルを訴える見通しだ。米ブルームバーグ通信が報じた。

ブルームバーグは匿名を条件に取材に応じた2人の関係者の話として、米司法省...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り663文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません