/

この記事は会員限定です

米金融規制の不備あらわ SEC新委員長、総点検急務に

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】米議会上院は14日、元米商品先物取引委員会(CFTC)委員長のゲーリー・ゲンスラー氏を米証券取引委員会(SEC)委員長に承認した。投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントを巡る騒動では、金融規制・監督の不備が浮き彫りになった。新トップには難題が待ち受ける。

米金融大手ゴールドマン・サックス出身のゲンスラー氏は、民主党政権下で要職に就いてきた。クリントン政権下で財務次官...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1597文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン