/

米失業保険申請、96万件に急増 8月以来の高水準

【ワシントン=長沼亜紀】米労働省が14日発表した失業保険統計(季節調整済み)によると、3日~9日の週間の新規申請数は96万5000件で、前の週の改定値から18万1000件急増した。2週連続の増加で、8月中旬以来4カ月半ぶりの高水準となった。

ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(80万件程度)を大幅に上回った。各地で新型コロナウイルスの感染者が急増するなか、拡大抑止のための営業時間制限といった規制強化でレストランやホテルなどで人員解雇が再び増えている。雇用統計によると2020年12月は、非農業部門の就業者数が前月比14万人減少した。雇用者数の伸びがマイナスとなったのは8カ月ぶりで、雇用情勢は再び悪化し始めている。

失業保険の総受給者数は、12月27日~1月2日の週が527万1000人で、その前の週から19万9000人増えた。5週ぶりの増加で、失業者が再雇用され失業保険受給から離れるペースも鈍化したことを示唆した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン