/

米ノババックス、治験で有効性9割 コロナワクチン

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
米ノババックスのワクチンは治験で高い有効性が確認された=ロイター

【ニューヨーク=西邨紘子】米バイオ製薬ノババックスは14日、開発中の新型コロナウイルスワクチンの後期臨床試験(治験)で、変異ウイルスを含めた感染予防に90.4%の有効性が確認できたと発表した。中程度~重度の症状を防ぐ効果は100%だった。

ノババックスのワクチンは武田薬品工業が国内でライセンス生産を予定しており、2022年初頭から1億5000万回分を供給する方向で日本政府と協議している。

この治験には、米国とメキシコから18歳以上の2万2960人が参加した。治験中には77人でコロナへの感染が確認された。うちプラセボ(偽薬)投与グループからは63人、ワクチン投与グループからは14人だった。ワクチン投与グループでは中程度~重度の症状の患者はでなかった。

ノババックスは米国で9月末までに、このワクチンの緊急使用承認を申請する方針としている。年末までに、月1億5000万回分のペースでの生産を見込む。

ノババックスはこのワクチン開発で、米政府から多額の資金援助を受けてきた。米国ではこれまでに、米ファイザー製など3種類のコロナワクチンが緊急使用向けに承認されており、直近ではワクチンの余剰も問題となっている。

新型コロナ特集ページへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン