/

米、北朝鮮と接触探る 政府高官「現時点で返答なし」

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
ブリンケン国務長官㊧は15日からアジア訪問を始める=AP

【ワシントン=永沢毅】米政府高官は14日、バイデン政権が2月中旬から北朝鮮との接触をはかっていることを明らかにした。現時点では「北朝鮮から返答はない」としている。停滞している北朝鮮の核・ミサイル問題の進展に向け、米朝対話の糸口を探る狙いがある。

バイデン政権で対北朝鮮政策を巡る具体的な動きが明らかになるのは初めて。同高官によると、2月中旬から北朝鮮の国連代表部があるニューヨークを含めた複数のチャンネルを通じて北朝鮮当局と接触を試みているという。「事態がエスカレートするリスクを減らすためだ」と説明した。

同高官は「トランプ前政権も含め、過去の政権で北朝鮮政策に関与した多くの元政府当局者と相談してきた」とも明らかにした。日本や韓国の意見にも注意深く耳を傾けているとし、「新しいアプローチ」を探っていると強調した。

北朝鮮に関して「近隣諸国や国際社会への脅威は増している」との認識を表明し、あらゆる選択肢の検証を進めているとした。対北朝鮮政策の見直し作業はこれから数週間で作業を終える方針だ。

トランプ前大統領は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記と3回にわたって首脳会談を開いた。トランプ氏の要請を受け、金正恩氏は大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射と核実験は見合わせてきた。ただ、非核化に向けた具体的な進展はみられなかった。

ブリンケン米国務長官とオースティン国防長官は15日から日韓両国を含むアジア歴訪を始める。両国とそれぞれ外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)を開き、北朝鮮を含むアジア政策の調整を本格化する。ブリンケン氏が18日にアラスカ州で開く中国外交トップ、楊潔篪(ヤン・ジエチー)共産党政治局員との初の直接会談でも北朝鮮問題は議題の一つとなる。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン