/

米カジノMGM、ハードロックにホテル売却 1200億円

【シリコンバレー=佐藤浩実】米カジノ大手のMGMリゾーツ・インターナショナルは13日、ラスベガスのカジノホテル「ミラージュ」の運営事業を同業の米ハードロック・インターナショナルに10億7500万ドル(約1200億円)で売却すると発表した。MGMが進めてきた事業整理の一環で、2022年後半の取引完了をめざす。

1989年に開業したミラージュはラスベガスを代表するホテルの一つで、火山の噴火を模したショーなどで知られる。2000年にMGMが買収していた。ミラージュの名称を使う権利はMGMが保持し、最長3年にわたってハードロックに無償で貸し出す。

MGMは近年、主力の事業拠点であるラスベガスで資産の入れ替えを進めている。「サーカスサーカス」など古いカジノを売却して資金を得る一方で、21年9月にはホテル「コスモポリタン」の買収を発表した。

ハードロックは飲食店「ハードロックカフェ」を運営するほか、ライブ会場やホテル、カジノの複合施設などを開発している。

ラスベガスのカジノは新型コロナウイルスの感染が拡大した20年に休業を余儀なくされたが、21年半ばから客足の回復が目立ってきている。ラスベガス・コンベンション・アンド・ビジターズ・オーソリティーによると、ホテルの稼働率は10月時点で80%に達している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン