/

欧米の大使館、退避加速 カブール孤立化の懸念

(更新)

【ワシントン、ブリュッセル=共同】アフガニスタン各地で攻勢を強める反政府武装勢力タリバンが首都カブール郊外まで迫り、欧米の大使館は13日、外交官の一部退避や施設の一時閉鎖に向けた動きを加速させた。タリバンが首都を包囲し首都が孤立化する懸念も深まっており、現地に大使館を置く日本も対応が迫られそうだ。

タリバンは全34州のうち首都に隣接する州を含む18州都を制圧。米国を皮切りに英国やデンマーク、ノルウェー、スペインも次々と一部退避を決めた。ドイツも大使館職員削減を表明した。

国際社会の対応も本格化している。北大西洋条約機構(NATO)は13日、ブリュッセルで緊急会合を開催。ストルテンベルグ事務総長はタリバンに対し「武力で国を奪っても国際社会から認められない」と警告した。

米国防総省のカービー報道官は13日の記者会見で、タリバンが首都を孤立させようとしているとの見方を示し、攻勢の速度に「大きな懸念を持っている」と語った。

国連のグテレス国連事務総長も治安情勢の悪化に危機感を表明し、タリバンに対し「直ちに攻撃を停止するよう求める」と強調した。国連安全保障理事会の外交筋によると、安保理がタリバンによる軍事力を通じた国家樹立を認めないと警告する議長声明を協議しているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン