/

モデルナ製コロナワクチン、半年後の有効性90%

米モデルナの新型コロナウイルスワクチンは、接種から半年後まで効果が持続する=ロイター

【ニューヨーク=野村優子】米バイオ製薬モデルナは13日、開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、2回目の接種から半年後の有効性が90%以上だとする臨床試験(治験)の分析結果を発表した。

モデルナ製のワクチンは4週間の間隔をあけて2回の接種が求められており、有効性は94.1%。今回は2回目の接種から6カ月後の有効性を分析した。重症化の予防効果は半年後に95%以上だった。

米製薬大手ファイザーと独ビオンテックも1日、新型コロナワクチンの2回目の接種から最大半年後まで有効性が91.3%だとする分析結果を発表していた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン