/

ガザ空爆で死者100人超 イスラエル、戦闘継続

(更新)

【エルサレム=共同】イスラエル軍は13日、パレスチナ自治区ガザへの空爆を継続し、ガザ保健当局によると、10日に始まった空爆による死者は103人となった。ガザを実効支配するイスラム組織ハマスはロケット弾などで応酬。イスラエル側では7人が死亡している。

イスラエル軍によると、13日夜、レバノン南部からイスラエル沖の地中海にロケット弾3発が発射された。被害はなかったとみられる。誰が発射したのかは不明。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン