/

この記事は会員限定です

断層深まる米「K字型」回復、株価の重荷に(NY特急便)

米州総局次長 田口良成

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍からの脱却はやはり一筋縄ではない。米当局が13日、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のワクチンの接種を中断するよう勧告し、株式市場ではこんな受け止めが広がった。米株高の持続性を占うもう一つの焦点が景気回復の形だ。「K字型」の断層が広がっている。

この日のダウ工業株30種平均は小幅続落。ワクチンの接種中断でJ&Jは反落したものの、下げ幅は1%にとどまった。「外出関連」のデル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1080文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン