/

米パイプライン会社、身代金5億円支払い 現地報道

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
ブルームバーグ通信はコロニアル・パイプラインが身代金を支払っていたと報じた=AP

【ニューヨーク=中山修志】米東海岸の燃料パイプラインが犯罪集団「ダークサイド」によるサイバー攻撃を受けた問題で、複数の米メディアは13日、運営会社コロニアル・パイプラインが500万ドル(約5億5000万円)近い身代金を支払っていたと報じた。同社は身代金の支払いの有無を明らかにしていない。

米ブルームバーグ通信が事情に詳しい2人の話として報じたところによると、コロニアルは7日に追跡が不可能な暗号資産(仮想通貨)で身代金を支払った。同社は7日の深夜にランサムウエアによる攻撃に気づいたと説明しており、発覚直後に支払いに応じたことになる。米ウォール・ストリート・ジャーナルなども同様の内容を報じた。

身代金の支払いの是非を巡っては、サイバーセキュリティーの専門家の間でも意見が割れている。早期に業務を復旧するには身代金を支払うほかないとの意見がある一方、支払えば犯罪集団の活動を助長するとの指摘もある。

ペロシ米下院議長は13日の記者会見で、企業は身代金を支払うべきではないと述べた。

今回の身代金支払いについては米メディアの報道も錯綜(さくそう)している。米紙ワシントン・ポストは12日、コロニアルが身代金を支払う予定はないと報じた。ロイター通信も身代金を支払わない方針だと伝えていたが、13日になって同社が身代金支払いに対し少なくとも1500万ドルが補償される保険に加入していたと報じた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン