/

この記事は会員限定です

米企業、政治献金を相次ぎ停止 GEなど議会乱入受け

[有料会員限定]

【ニューヨーク=中山修志】トランプ米大統領の支持者が連邦議会議事堂に乱入した事態を受けて、米企業がバイデン次期大統領の勝利認定に反対した共和党議員への献金を相次ぎ停止している。アマゾン・ドット・コムやゼネラル・エレクトリック(GE)など数十社が米国の分断や政治の停滞を懸念して資金提供を取りやめた。事態が長引けば新政権発足後も共和党への打撃になりそうだ。

メディア大手のコムキャストは日本経済新聞の取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン次期政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン