/

この記事は会員限定です

金融・不動産のトランプ氏離れ、吉か凶か(NY特急便)

米州総局 大島有美子

[有料会員限定]

13日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に反落した。最高値圏が続くなかで利益確定の売りが出た。米連邦議会議事堂への乱入事件を巡り、トランプ米大統領はツイッターやフェイスブック、グーグル傘下の動画共有サービス「ユーチューブ」からも締め出された。だが、「トランプ氏離れ」はSNS(交流サイト)だけではない。長年、トランプ氏のビジネスを支えてきた金融や不動産業界でも離反が起き始めている。

「もう(ト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1089文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン