/

ケリー米特使、14日に上海へ 国務省発表

ケリー米大統領特使はバイデン政権で初めて中国を訪問する政権高官となる=ロイター

【ワシントン=永沢毅】米国務省は13日、気候変動問題を担当するケリー大統領特使が14~17日の日程で中国・上海とソウルを歴訪すると発表した。閣僚級高官の訪中はバイデン政権では初めて。米国が22、23両日に主催する「気候変動サミット」を前に、世界最大の温暖化ガス排出国である中国の協力を取り付ける。

ケリー氏は上海で中国の解振華・気候変動担当特使と会談する見通し。激しい米中対立下でバイデン政権は気候変動は中国との接点を見いだせるテーマと位置づけている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン