/

インテルCEO交代 ヴイエムウェアから招聘、技術てこ入れ

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
インテルの新CEOに就くゲルシンガー氏

【シリコンバレー=佐藤浩実】米インテルは13日、仮想化ソフト大手ヴイエムウェア最高経営責任者(CEO)のパット・ゲルシンガー氏をCEOとして招聘(しょうへい)すると発表した。ゲルシンガー氏はインテルの元最高技術責任者(CTO)で約12年ぶりの復帰となる。生産技術の停滞などを巡り株主からの圧力が高まるなか、技術と社内に詳しい出戻り人材に会社のかじ取りを託す。

ゲルシンガー氏は2月15日に就任する。同氏は1979年から2009年まで30年間インテルで働いており、2000年から05年はCTOも務めていた。ゲルシンガー氏は従業員宛のメモで「あらゆるもののデジタル化が加速し、イノベーションにとって非常に重要な時期にCEOとしてインテルに戻ってくるのは最大の名誉だ」と述べた。

岐路のインテルは出戻り人材に会社のかじ取りを託す

現CEOのボブ・スワン氏は退任する。スワン氏は前任CEOが従業員との交際をめぐる不祥事で退任したのに伴い、18年に暫定的なCEOとなった。当時のインテルは正式なCEO候補を探したが、適任者を見つけられずスワン氏がそのままCEOに就いた経緯がある。ただスワン氏は財務畑が長く、社内外から技術への知見が乏しいとの指摘が出ていた。

インテルは「微細化」と呼ばれる半導体生産の技術で台湾積体電路製造(TSMC)などに対する劣勢が目立っており、委託生産の拡大を含めた改革案の策定を進めている。人工知能(AI)など将来技術の開発でも米エヌビディアや米アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)との競争が激しさを増しており、20年12月末にはアクティビスト(物言う株主)の米サード・ポイントが抜本的な経営改革を求めていた。

CEO交代の発表を受けて、インテルの株価は13日の米市場で前日比8%超上昇して推移している。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン