/

「戦争終結の手助けを」 米財務長官、中国に呼びかけ 

(更新)

【ワシントン=高見浩輔】イエレン米財務長官は13日の講演で「中国が(ロシアとの)特別な関係を積極的に活用し、この戦争を終わらせる手助けをすることを切に願っている」と述べた。ウクライナ危機の終結に向け、米欧諸国よりロシア側に近い中国に調整に動くよう呼びかけた。

イエレン氏は経済制裁に協力的ではない国や企業がいくつかあると名指しせずに指摘した。「安全保障と経済的な繁栄の両方で、国際秩序の将来が危ぶまれている。対ロシアでの制裁を台無しにするような行動には無関心ではいられない」とけん制した。

そのうえで「中国が我々の呼びかけに応じるかどうかによって、世界の中国に対する態度が大きく左右される」と強調した。「中国が今、(ウクライナでの)主権と領土保全の原則を尊重しないのであれば、中国が将来、自国について国際社会に同じ訴えをしても尊重されない」とも述べた。

講演ではウクライナ危機で判明した課題を克服するため新しく国際的な枠組みが必要だとも提案した。「貿易や競争政策のようないくつかの問題については、基本的な価値観や原則にコミットしているパートナーを結集することが必要」だと話した。

具体的には国際通貨基金(IMF)などによる途上国支援の課題に触れ、さらなる改善が必要だと指摘した。世界中に貯蓄が積み上がっているのに教育、医療、インフラへの投資に必要な資金が流れていないとして「資本市場を途上国支援にむけて機能させる戦略が必要」と分析した。

ロシアに対しては一貫して強硬姿勢をとっている。「我々と貿易したり投資したりする特権を、もはや与えない」と断言した。「プーチンが選んだ凶悪な戦争を終わらせるまで、バイデン政権はパートナーと協力して、ロシアを経済的、財政的、戦略的な孤立へとさらに追い込む」と語気を強めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン