/

この記事は会員限定です

米株、ちらつく「カネ余り相場」の綻び(NY特急便)

米州総局 斉藤雄太

(更新) [有料会員限定]

13日の米株式市場は今年最後の注目イベントになる14~15日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)を直前に控え、上値の重い展開になった。ダウ工業株30種平均は前週末の水準を終日下回って推移し、終値は320ドル(1%)安の3万5650ドルだった。多くの機関投資家が運用の物差しとするS&P500種株価指数も1%下げた。

S&P500は反落したとはいえ、まだ前週末に付けた最高値圏で推移している。米連邦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1159文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン