/

米国の仮想通貨団体、政治献金強化 推進派議員を支援

【ニューヨーク=佐藤璃子】暗号資産(仮想通貨)関連企業の業界団体である米ブロックチェーン協会は12日、議員に献金するための「政治活動委員会(PAC)」を設立した。仮想通貨の規制強化を求める声が高まるなか、業界の活動を後押しする議員や候補者を支援する。

同協会にはクラーケンやサークルなどの関連企業が加盟する。事務局長のクリスティン・スミス氏は「仮想通貨は本来、無党派だ。候補者の立場に関係なく支援する」と所属政党に関係なく献金する方針を示した。

仮想通貨相場は今年6月にかけて急落した。金融市場に混乱が広がり、投資家保護などの規制強化を巡る議論が活発になっている。ブロックチェーン協会は「消費者保護のための規制を支持する候補者を選出することで、仮想通貨が繁栄するための取り組みを強化する」と述べた。仮想通貨関連企業はロビー活動や献金を通じてルール策定プロセスへの関与を強めているとの見方もある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン