/

米デルタ、4~6月純利益13%増 売上高「コロナ前」超え

(更新)

【ニューヨーク=弓真名】米航空大手のデルタ航空が13日発表した2022年4~6月期の決算は、純利益が前年同期比13%増の7億3500万ドル(約1000億円)となった。米国内のレジャー需要の回復で国内線の利用が増え、業績をけん引した。売上高は、新型コロナウイルスの感染が広がった20年1~3月期以降、四半期として初めて感染拡大前の19年の実績を上回った。

純利益は22年1~3月期までの直近2四半期は赤字で、4~6月期は3四半期ぶりの黒字になった。売上高は前年同期比94%増の138億ドルだった。

デルタ航空は、新型コロナの感染拡大以降、19年実績と売上高を比べることで、業績の回復度合いを示してきた。22年4~6月期の売上高は19年4~6月期と比べると10%高い水準となった。

売上高回復の背景は、米国内でのレジャー需要の高まりだ。新型コロナ下の外出制限が解かれたことで、消費者がこぞって旅行などに出かけたことを背景に4~6月期の国内線の旅客収入は前年同期比86%増の83億ドルとなっている。

売上高は好調だが、インフレの進行とエネルギー価格の上昇で収益環境は厳しい。1座席あたりのコストは19年4~6月期と比べ、44%増加した。利益は黒字を確保したが、一株あたり利益は1.15ドルと市場予想を下回った。

今後の見通しについて、デルタ航空は「特に法人の需要が増えている」と説明した。ただし、デルタ航空を含め、旅客各社は人手不足で減便を迫られている。22年7~9月期の売上高は、現時点では19年7~9月期比で1~5%の増加にとどまると予測している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません