/

NYダウ、4日連続で最高値 週間で306ドル高

(更新)
米国株の上昇基調が続いている=ロイター

【ニューヨーク=後藤達也】13日の米株式市場でダウ工業株30種平均が4日連続で過去最高値を更新した。終値は前日比15ドル高の3万5515ドルで、週間の上昇幅は306ドルだった。米企業収益の拡大が続くとの期待が広がる中で、潤沢な運用マネーが株式市場に向かう構図が続いている。

12日に好決算を発表したウォルト・ディズニーが1%上昇したほか、マクドナルドやコカ・コーラなどの消費関連株の上昇が目立った。S&P500種株価指数も過去最高値を塗り替えた。

一巡しつつある4~6月期決算ではIT(情報技術)や消費関連、医薬など幅広い業種で収益拡大し、アナリスト予想を上回る企業も相次いだ。ゴールドマン・サックスのデービッド・コスティン氏は「原材料費や人件費の上昇が懸念だったが、販売価格への転嫁や経費の削減により利益率は改善した」と評価する。

需給面も株価を後押ししている。2020年以降の経済対策で家計部門の資金は潤沢で、上場投資信託(ETF)などを通じて株式市場に資金が向かっている。大手企業を中心に自社株買いも増えており、株の主要な買い手として再浮上している。

ただ、新型コロナウイルスのインド型(デルタ型)の感染が急拡大している。株式市場では都市封鎖など経済に急ブレーキがかかることへの懸念は少ないものの、13日にミシガン大が発表した8月の消費者態度指数は大きく低下した。外食や旅行への消費の回復が鈍る可能性も意識されており、米10年物国債利回りは1.28%と前日より0.08%低下した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン