/

50歳以上に3回目接種開始 イスラエルが対象拡大

【エルサレム=共同】イスラエル保健省は13日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種の対象者を60歳以上から50歳以上に拡大、同日から接種を開始した。また医療従事者も3回目接種の対象に含めた。

イスラエルでは1日から3回目接種が本格的に始まり、これまでに75万人以上が受けている。地元メディアによると、副作用の報告があったのは50人以下で、発熱や注射した所の痛みなど軽微なものという。

ベネット首相は声明で「60歳以上への3回目接種はとても成功している。われわれは次の段階へと進む」と強調し、接種を呼び掛けた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン