/

米に大量の未許可ワクチン EU関心でも分配認めず

アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチン=ロイター

【ワシントン=共同】米紙ニューヨーク・タイムズは12日、米国で製造された英アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンが、米国で使用許可が出ないまま大量に保管されていると報じた。アストラ社のワクチン使用を既に認めた欧州連合(EU)などが入手に関心を寄せているが、バイデン政権が分配を認めていないという。

EUは当初想定よりアストラ社のワクチン供給が不足しており、提供に後ろ向きな米国や英国を批判。英国との間では外交問題に発展しており、対米関係がぎくしゃくする可能性もある。

ニューヨーク・タイムズは、米国内の2カ所の施設に数千万回分に当たるワクチンが保管されていると報道。AP通信によると、米政府がこれらのワクチンを所有し、アストラ社は輸出にホワイトハウスの許可が必要だと説明しているという。

バイデン大統領は「まずは米国民が接種を受けられるようにする」と自国優先を鮮明にしており、サキ大統領報道官も12日の記者会見で「複数の国が求めてきたが(国内供給に)最大限の柔軟性を持たせたい」と説明した。

アストラ社は米国で実施した大規模な臨床試験の結果をまとめ、近く食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請する見通し。トランプ前政権下で米政府と3億回分の供給に合意し、米国で製造を進めている。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン