/

この記事は会員限定です

米中貿易、閣僚級協議を模索 追加関税問題が焦点

[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成、北京=川手伊織】米国と中国が2020年8月以来となる閣僚級の通商協議の開催を模索している。トランプ前米政権が発動した対中追加関税の扱いが焦点となるが、バイデン政権は早期の引き下げを望む産業界と対中強硬維持を求める議会との間で板挟みとなっている。中国は対米警戒感を強めており、進展の糸口はつかめていない。

「急ぐ必要は分かっている」。米通商代表部(USTR)のタイ代表は13日の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1408文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン