/

この記事は会員限定です

バブル予言のグランサム氏、米市場「近づく最後の宴」

米運用会社GMO共同創業者に聞く、バイデン次期政権の行方

[有料会員限定]

バイデン次期米政権が20日、正式に発足する。バイデン政権の経済・外交政策によって金融市場はどんな影響を受けるのか。過去に日本のバブル崩壊やサブプライム住宅ローン危機を予言して警鐘を鳴らした、米運用会社GMO創業者のジェレミー・グランサム氏は次期政権の巨額経済対策を機に「バブル末期の最後の宴が近づいている」と話す。(聞き手はニューヨーク=宮本岳則)

トランプ大統領、米国民の「敵」に

――多数のトランプ米...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2280文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン